<< 自重 | main | 狂ってる >>

偽善とは?

人の為に善いことをする

それが偽善

ならば、見返りを求めるのも偽善だ。

今、俺がしてる全ての行いは

まさに偽善。



『違う』なんて考えてても

心は誤魔化せない。





前の職場でお世話になった方から頂いた言葉

“他人からどう思われるか”

じゃなくて、

“自分がどうあるべきか”



単刀直入に言う。

今、凄く心配してる人がいる。

近いうちに、自殺してしまうのではないか

そう思う人がいる。

今すぐにでも声を聴いて、安心したい。





本題。

これは自分勝手な偽善?

それとも、友達として心配しているだけ?
そういう性格なだけ?





自らの心に留めて置くまでもなく

こうして“発信”している俺の本心はどこにある?



| - | 16:55 | comments(4) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 16:55 | - | - | - |
Comment
自分が思ってるのは
誰かを心配したり助けたいって思うのは
偽善であり自己満であり
それでいて優しさでもあると思うんです。

相手を心配したりするのは
ホントにそう思ってる気持ちに嘘はないと思うんだよね。

相手のことを考えてるからこそ
心配して
悲しくなったりすると思うんです。

例え会ったこともない
顔も知らない
だけど相手が苦しんでるのを知ってしまったら
見て見ぬふり出来ないのは
普通の気持ちだと思う。

なんか、うまく伝えられなくて
すいません。
2012/08/11 5:15 PM, from 81猫
to81猫さん
偽物と本物をイコールで結ぶのは考えもしなかったので、すごく新鮮です。
情が移りやすいので益々ループしちゃうのです。

コメントありがとうございます。
2012/08/11 5:51 PM, from よひら
お返事ありがとうございます。DVD見てたらこんな時間になりました(;゚д゚)


字面だけで言うと
偽善はそうかもしれないけれども。。
見返りを求めるのは偽善の意味とはちょっと違うような気が私はします…。

例えば震災の時の募金。
遠くにいたら実感としてわかないけれど、少しでも…と思い寄付するのを偽善と言う人もいますよね。 。偽善が食べ物に変わるなら偽善けっこう!と思いました。

話はそれましたが……

そんな風に場面によって偽善の解釈は異なるのではないでしょうか?


相手が死んでしまうとなれば
普通に心配になりますよね?

でも、そこでよひらさんまで
自分を身はさて置いて、己が不安定になるまで心配するとなると。
それは違いますよね?

まず、揺るぎない自分を持って。
尚且つ自分で自分を律する事ができる状態の上で、
他人に対して自分のできる範囲で手を指し伸ばすのは、許容量内なので良いと思いますよ。

何よりその方が直接的に
相談にのってほしいなど向こうからアクションを取ってきたら、よひらさんができる許容範囲内で 手を差し出す。

よひらさんが不安定になって巻き込まれては元も子もないので、、

なので、その考えの元に行うなら良いんではないでしょうか?


2012/08/12 3:07 AM, from かにゃ
toかにゃさん
コメントありがとうございます。
仰る通りだと、感じています。
人を支えるには、土台がないと崩れてしまいますよね。

地に足つける勇気、本気でぶつかってきた感情を受け止め・浄化する心
どちらも必要なんですね…
2012/08/12 4:24 AM, from よひら










12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自傷・リストカットへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
PR
New entries
Archives
Recent comment
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM